1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 米経済見通し GDP ショックで大幅下方修正

米経済見通し GDP ショックで大幅下方修正

2011年を1.7%成長と予想するが、下ブレリスクは存在

2011年08月19日

経済調査部 シニアエコノミスト 近藤 智也

サマリー

◆2011年Q2の実質GDP成長率は前期比年率1.3%増とプラス成長になったが、0.4%増に下方修正されたQ1とともに、景気が大幅に減速していることを示している。2011年前半が1%成長にとどまった象徴が個人消費の弱さであり、特にQ2は事実上のゼロ成長だった。消費だけでなく、在庫や輸入などその他の需要項目にサプライチェーンの混乱の影響がみられた。

◆予想を大きく下回る今年前半の低成長を受けて、年後半から来年にかけての見通しが大幅に下方修正されている。Fedも例外ではなく、見通しを下方修正したうえで下ブレリスクが高まっていると指摘。7月の経済指標は概して底堅く推移したが、景気悪化懸念はむしろ高まっている。債務上限の引き上げ問題を巡る政治的混乱を端緒にして、様々な材料が金融市場を混乱させている。昨年とは異なり、金融や財政政策の迅速な対応が難しいことが不透明感を増幅している。

◆株価の大幅下落や金利の大幅低下という一連の動きにより、企業の景況感や消費者のマインドが大きく悪化している。2011年の成長率を1.7%と予想するが、マインドの変化が実際の行動にどのように表れるか、注視していく必要があるだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート