1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 好事魔多し

好事魔多し

2021年04月21日

経済調査部 経済調査部長 山崎 加津子

サマリー

IMFは4月6日公表の最新の経済予測で2021年の世界の経済成長率を6.0%と1月の予想から0.5%pt上方修正した。大型の追加経済対策に加え、ワクチン接種が順調に進んでいる米国の成長率の上方修正が目立つが、米国の消費拡大が他の国々にプラスの波及効果を持つことも期待されている。すでに1月に世界の財貿易量はコロナショックによる落ち込みを克服し、過去最高を記録した。人の移動や対面でのやり取りを前提とすることが多いサービス業の回復は遅れているが、米国、英国、中国では徐々に制限緩和が進められている。行動制限とワクチン接種の組み合わせで感染を抑制したのち、大胆な景気刺激策を講じることが、コロナショックに対する有効な処方箋になりつつある。ただし、感染力がさらに高い変異株の出現、歳出拡大を阻む金利上昇、あるいは資源価格上昇や地政学リスクなどの懸念材料への目配りも必要であろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート