1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2017年12月機械受注

2017年12月機械受注

製造業の受注に一服感、設備投資サイクルによる減速懸念に警戒

2018年02月15日

前田 和馬

小林 俊介

サマリー

◆2017年12月の機械受注(船舶・電力を除く民需)は前月比▲11.9%と、市場コンセンサス(同▲2.0%)を大きく下回った。製造業が同▲13.3%、非製造業(船舶・電力を除く)が同▲7.3%とともに大きく減少した。また、内閣府が新たに公表した2018年1-3月期の見通しは、前期比+0.6%となっている。


◆製造業の受注は、12月が大幅減となったことに加えて、1-3月期も前期比▲5.7%の見込みであり、ここまでの上昇基調に一服感が見られる。一方、減少傾向にある非製造業(船舶・電力を除く)は、1-3月期で同+7.4%とプラスに転じることを見込む。


◆設備投資の先行指標である機械受注は、緩やかに増加した後、遅くとも2019年ごろには減速するとみている。製造業では、輸出拡大を追い風に、機械・設備への更新需要が生じているものの、設備投資のサイクルが10年程度の周期で動いていることを踏まえれば、遅くとも2019年ごろには減速局面に至る可能性が高い。一方、非製造業では、増加する訪日外国人等に対応した交通・物流インフラ整備向けの投資、タイトな労働需給に対応するためのIT投資が期待されるものの、人手不足によって、こうした財・サービスに対する供給制約があることは懸念材料だ。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加