1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2017年6月鉱工業生産

2017年6月鉱工業生産

増産基調を確認

2017年07月31日

前田 和馬

小林 俊介

サマリー

◆6月の生産指数は前月比+1.6%と、ほぼ市場コンセンサス(同+1.5%)通りの着地となった。一方、6月の出荷指数は同+2.3%と2ヶ月ぶりの上昇、在庫指数は同▲2.2%と7ヶ月ぶりの低下、在庫率指数は同▲2.1%と2ヶ月連続の低下となった。一方、製造工業生産予測調査で見ると、7月:同+0.8%、8月:同+3.6%となっている。


◆生産と出荷がともに増加したこと、在庫が減少したこと、7月の予測修正率がプラスであったこと、8月に更なる増産を見込んでいること、以上を踏まえると総じて良好な結果であったと評価できる。6月の結果を受けて、4-6月期の生産指数は前期比+1.9%となった。1-3月期は同+0.2%と伸びが鈍化していた(10-12月期:同+1.8%)が、個人消費や設備投資の持ち直し等が生産ペースを加速させていると考えられる。


◆2017年9月以降に関しては、非常に緩やかな増産を見込んでいる。資本財は好調な受注を背景とした増産が見込まれるものの、先行きを考える上では稼働率の上昇トレンドが維持されるかに注視する必要があろう。耐久消費財については、家電エコポイント導入時に購入された白物家電等が買い替えサイクルを迎えていること等から、今後は底堅く推移することが見込まれる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加