1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2017年6月貿易統計

2017年6月貿易統計

輸出数量の増勢鈍化は一時的に留まる見込み

2017年07月20日

笠原 滝平

小林 俊介

サマリー

◆2017年6月の貿易統計によると、輸出金額は前年比+9.7%と、前月(同+14.9%)からプラス幅が縮小した。前年比で見た輸出数量のプラス幅が縮小(5月:同+7.5%→6月:同+4.0%)したことが影響した。また、6月の税関長公示レートは110.9円/ドルと、前年比で見ると2.2%の円安水準にある。


◆季節調整値で見た輸出金額は前月比▲0.3%とわずかに減少、輸出数量は同+0.2%(季節調整値は大和総研による)と2ヶ月連続で増加した。輸出数量を地域別に見ると、米国向けが同+1.5%と増加した一方、アジア向けが同▲0.7%、EU向けが同▲4.4%と大幅に減少した。ただし、EU向けの落ち込みは一時的なものであり基調に変化はない。


◆先行きの輸出について、海外経済が底堅い成長を続けるなか、欧州向け輸出を中心に、緩やかな増加基調をたどるとみている。ただし、外需に関しては下振れリスクに警戒が必要である。特に、米国ではFedが利上げと保有資産の圧縮を行うことが見込まれ、これに伴い、米国経済の減速や新興国市場からの資金流出を招く可能性がある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加