1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 1月鉱工業生産

1月鉱工業生産

前月比▲0.8%と6ヶ月ぶりの低下

2017年02月28日

前田 和馬

小林 俊介

サマリー

◆1月の生産指数は前月比▲0.8%と、市場コンセンサス(同+0.4%)に反して低下した。生産指数の低下は6ヶ月ぶりである。一方、1月の出荷指数は同▲0.4%と2ヶ月連続の低下、在庫指数は同+0.0%と横ばい、在庫率指数は同+1.7%と2ヶ月連続の上昇となった。生産と出荷ともに減少する結果となった。


◆1月の結果については、中華圏の旧正月である春節の影響から、1月の輸出数量が伸び悩んだことが一部に影響したものと思われる。足下の増産基調に一服感がみられるものの、出荷水準の大幅な低下や在庫水準の上昇は伴っておらず、そこまで悲観的に見る必要もないであろう。


◆製造工業生産予測調査によると、2月、3月の生産指数は前月比+3.5%、同▲5.0%と一進一退の動きを見込んでいる。また、経済産業省が公表した先行き試算値については、2月は同+1.1%の増加となっている。


◆2017年4月以降に関しては、生産は緩やかな拡大を見込んでいる。耐久消費財については、家電エコポイント導入時に購入された白物家電等が買い替えサイクルを迎えていることに加えて、消費増税前の駆け込み等による需要先食いの悪影響が剥落しつつあることから、今後は底堅く推移することが見込まれる。また、外需についても、家計部門を中心に底堅い米国経済をはじめとして、海外経済の回復が続いていくと考えられることから、緩やかに輸出は持ち直すであろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加