1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2016年10-12月期GDP一次速報予測 ~前期比年率+0.6%を予想

2016年10-12月期GDP一次速報予測 ~前期比年率+0.6%を予想

4四半期連続のプラス成長だが、再度外需主導の成長となる見込み

2017年01月31日

岡本 佳佑

小林 俊介

サマリー

◆2016年10-12月期のGDP一次速報(2017年2月13日公表予定)は、実質GDPが前期比年率+0.6%(前期比+0.1%)と、4四半期連続のプラス成長になると予想する。ただし、個人消費を中心とした内需については引き続き力強さに欠けており、2四半期連続で外需が成長を主導する姿が示されよう。


◆個人消費は前期比▲0.1%と4四半期ぶりの減少を予想する。東京都心で54年ぶりに11月に初雪が観測されるなど、気温の低下という特殊要因が追い風となったものの、生鮮食品の値上がりが消費の重石になったとみられる。住宅投資は4四半期ぶりのマイナス成長(同▲2.1%)となり、設備投資は2四半期ぶりのプラス成長(同+0.3%)になると見込んでいる。外需については、輸出が拡大する一方で輸入が縮小することにより、2四半期連続でプラス寄与(同+0.3%pt)となる見通しだ。なお、財輸出は、アジア向けをはじめ、米国やEU向けでも堅調に推移した。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加