1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 経済指標の要点(11/18~12/16発表統計分)

経済指標の要点(11/18~12/16発表統計分)

2016年12月16日

前田 和馬

田中 誠人

小林 俊介

サマリー

◆2016年10月の企業関連の指標を見ると、鉱工業生産指数は前月から横ばいとなった。生産は横ばいであったものの、出荷が増加し、在庫が減少したことから、内容はポジティブであったと評価できる。また、機械受注(船舶・電力を除く民需)は同+4.1%と3ヶ月ぶりに増加した。高水準な非製造業の受注増が全体をけん引した。


◆2016年10月の家計関連の指標を見ると、実質消費支出は前月比▲1.0%と2ヶ月ぶりに減少した。このところの個人消費は一部に弱さが見られるものの、おおむね横ばい圏での推移を続けている。また、完全失業率(季節調整値)は前月から横ばいの3.0%、有効求人倍率(季節調整値)は前月から0.02pt上昇し1.40倍であった。労働需給に関しては引き続きタイトな状況にあると言えるだろう。


◆今後発表される経済指標では、12月27日発表の11月家計調査に注目している。11月家計調査においては、生鮮野菜を中心とした生鮮食品の価格高騰が、家計の消費マインドを悪化させる可能性に注意が必要である。また、個人消費の先行きを見通すうえでは、12月27日発表の11月消費者物価指数と2017年1月6日発表の11月毎月勤労統計にも注目したい。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加