1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 緊急レポート:トランプ・ショックで日本経済に何が起きるのか?

緊急レポート:トランプ・ショックで日本経済に何が起きるのか?

円高・株安、世界経済の減速で日本の実質GDPは0.71%程度下押しされる可能性

2016年11月09日

岡本 佳佑

小林 俊介

サマリー

◆11月8日(米国時間)、米国で大統領選挙および議会選挙が実施され、即日開票された。大統領選挙では、事前の予想を裏切る形で、共和党候補のドナルド・トランプ氏が勝利した。


◆トランプ氏の勝利を受けて、世界経済の先行き不透明感が強まるとともに、グローバルな金融市場においては、リスクオフによる世界的な株安や急速なドル安の動きに警戒する必要があるだろう。


◆当社の短期マクロモデルを用いて、トランプ氏の勝利が日本経済に与える影響を試算した。結論として、米国の実質GDPの水準が▲1.0%低下し、リーマン・ショック級の株安・円高を想定した場合、ベンチマークと比較して日本の実質GDPは0.71%程度、リーマン・ショック級の株安・円高・世界経済の縮小を想定した場合では、日本の実質GDPは1.12%程度押し下げられるとの試算結果が得られた。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加