1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 9月鉱工業生産

9月鉱工業生産

前月比横ばいだが一時的な下押し要因も、先行きは増産計画

2016年10月31日

齋藤 勉

小林 俊介

サマリー

◆9月の生産指数は前月比+0.0%と前月から横ばいとなり、市場コンセンサス(同+0.9%)を下回った。一方、9月の出荷指数は同+1.1%と2ヶ月ぶりの上昇、在庫指数は同▲0.4%と2ヶ月ぶりの低下、在庫率指数は同+1.5%と2ヶ月ぶりの上昇となった。前月大幅に増加していた情報通信機械工業や電子部品・デバイス工業の減産が全体を大きく下押ししたものの、はん用・生産用・業務用機械工業や輸送機械工業などでは生産・出荷ともに持ち直しが見られており、堅調な結果となっている。


◆製造工業生産予測調査で見ると、10月:前月比+1.1%、11月:同+2.1%と、増産が続く計画となっている。今月減産幅の大きかった情報通信機械工業や電子部品・デバイス工業が増産に復する計画となっていることはポジティブに捉えて良いだろう。


◆12月以降に関しては、生産は一進一退の推移が続くとみている。勤労者世帯の可処分所得および年金受給世帯所得の伸び悩みを背景に、個人消費は横ばい圏での推移が続くとみている。加えて、円高の進行を受けて企業の収益環境が悪化する中、国内設備投資の増加も、人手不足対応の省力化投資や研究開発・省エネ関連投資など、的を絞った内容となる可能性が高い。外需については、一部に堅調な品目がみられるものの、当面横ばい圏での推移が続くだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加