1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 4月消費統計

4月消費統計

需要側統計に見る個人消費は緩やかな拡大基調にあると評価

2016年05月31日

岡本 佳佑

小林 俊介

サマリー

◆2016年4月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比+0.2%と3ヶ月連続で増加した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)は同+2.9%と2ヶ月ぶりに増加した。


◆実質消費支出の動きを費目別に見ると、「交通・通信」(前月比+16.9%)、「教育」(同+21.1%)などが前月から増加した一方、「住居」(同▲23.5%)や「家具・家事用品」(同▲5.9%)などが減少した。


◆先行きの個人消費については、非常に緩やかながら拡大基調をたどると見込んでいる。労働需給は引き続きタイトであり、パート・アルバイトの賃金が緩やかな増加基調にあることは、先行きの個人消費を下支えする要因になると考えられる。加えて、実質賃金が上向いていることも好材料だ。ただし、今年のベースアップの増加幅が昨年より縮小したことや株安が消費マインドを抑制する一因となる。このように、個人消費を取り巻く環境は依然として厳しく、個人消費には下振れリスクが残存している点にも留意しておきたい。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加