1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 6月鉱工業生産

6月鉱工業生産

先行きに底入れの兆し

2015年07月30日

経済調査部 エコノミスト 小林 俊介

サマリー

◆2015年6月の生産指数は前月比+0.8%となり、2ヶ月ぶりの上昇となった。市場コンセンサス(同+0.3%)対比でも上振れしている。出荷指数も同+0.3%と2ヶ月ぶりに上昇し、在庫指数も同+1.3%と2ヶ月ぶりに上昇に転じた。


◆今回の結果は、日本経済の踊り場傾向を確認する内容である。増産での着地とは言えモメンタムは弱い。輸出の停滞と、それを端緒とした在庫の積み上がりにより生産は調整局面を迎えている。また、予測調査では7月の生産計画は前月比+0.5%と横ばい圏の推移が見込まれており、ソフトパッチ傾向は今後も続く見通しだ。ただし今まで軟調に推移してきた素材産業を中心として回復が見られていることは好材料だ。さらに予測調査に見る8月の生産計画は同+2.7%と比較的大幅な増産が見込まれており、先行きに底入れの兆しが出始めている。


◆先行きの生産については、一旦の調整を経たのち、趨勢としては再度増産傾向に転じると見込んでいる。外需については緩やかな回復が見込まれる。米国はドル高と原油安により資本財需要の調整が続いているが、消費財需要等の堅調さは維持されていくだろう。ユーロ圏はユーロ安・原油安・金融政策の三本柱で回復傾向を強めていくとみられる。中国をはじめとする新興国についてもドル金利上昇の一服や国内金融政策の効果などもあり底入れの兆しが見られ始めている。内需についても、国内設備投資の増勢継続や、勤労世帯および年金受給世帯の両方の実質所得環境の改善に伴う消費の改善を受けて回復・拡大傾向を見込んでいる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加