1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 3月消費統計

3月消費統計

駆け込み需要で大幅増加、先行きは消費者マインドの回復がポイント

2014年05月02日

齋藤 勉

サマリー

◆総務省「家計調査」によると、2014年3月の実質消費支出は季節調整済み前月比+10.8%と、消費税率引き上げ前の駆け込み需要によって大幅に増加した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても、同+9.9%と同様に増加している。幅広い品目で駆け込み需要が発生したことに加え、前月大雪の影響で消費できなかった分が後ずれしたことも、消費を押し上げたとみられる。


◆経済産業省「商業販売統計」によると、3月の名目小売販売額は、季節調整済み前月比+6.3%と3ヶ月連続で増加した。「自動車小売業」を除く全ての業種で、駆け込み需要が売上を押し上げた模様である。


◆4月の小売販売動向によると、消費税率引き上げ後の4月は売上が前年比10%~20%減少している模様だ。3月の大幅な消費増を踏まえると、4月の減少幅は想定よりも小さい印象である。ただし、4月の反動減の規模が小幅だとしても、5月以降も減少が続いた場合、最終的に反動減が想定以上の規模になるということも考えられる。今後の個人消費動向を見る上では、反動減からの回復ペースが焦点になるだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加