1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 1月貿易統計

1月貿易統計

輸出の伸びは想定を下回り、貿易収支赤字幅は単月で過去最大に

2014年02月20日

齋藤 勉

サマリー

◆2014年1月の貿易統計は、輸出金額が前年比+9.5%と11ヶ月連続の増加となったものの、市場コンセンサス(同+12.7%)を下回った。輸出金額を価格と数量に分けて見ると、輸出価格は前年比+9.7%と、上昇が続いている。一方で、輸出数量が前年比▲0.2%と4ヶ月ぶりに前年を下回ったことが、輸出金額の下振れ要因となった格好である。輸出金額を季節調整値で見ても、前月比▲3.5%と2ヶ月ぶりの減少となった。


◆輸出数量指数を季節調整値で見ると(季節調整は大和総研による)、前月比▲0.7%と、2ヶ月連続の低下となった。地域別に見ると、米国向けは同+7.4%と増加したものの、EU向け(同▲3.1%)、アジア向け(同▲3.2%)が減少したことで、全体が押し下げられた形である。ただし、アジア向けの減少は春節が影響しているとみられるため、一時的な減速と捉えて良いだろう。


◆先行きに関しては、輸出数量は全地域向けで持ち直しの動きが続く見込みである。景気拡大が続くとみられる欧米向けを中心に、輸出は徐々に増勢を強めるだろう。


◆大和総研では、2013年の貿易収支赤字11.5兆円のうち、4兆円が原発停止に伴う輸入増によるもの、7兆円が空洞化の影響によるものとみており、短期的には貿易収支黒字化のハードルは非常に高い。ただし、2014年半ば以降、世界経済の循環的な回復などを背景に、貿易収支の赤字幅は徐々に縮小する見通しである。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加