1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 1月機械受注

1月機械受注

内外需ともに大幅減少したものの、明るい材料も少なくない

2013年03月11日

齋藤 勉

サマリー

◆2013年1月の機械受注では、国内設備投資の先行指標である民需(除く船舶・電力)は、前月比▲13.1%と、4ヶ月ぶりのマイナスとなり、市場コンセンサス(同▲1.7%)を大幅に下回った。基調を見るために3ヶ月移動平均で見ても、3ヶ月ぶりのマイナスとなっている。ただし、業種別に内訳を見ると、増加している業種も多くみられることから、1月の機械受注は、緩やかな増加基調にあるものの、一時的に大きく落ち込んだと言えよう。


◆業種別の内訳を見ると、製造業は前月比▲13.2%と3ヶ月ぶりの減少、非製造業(船舶・電力を除く)は前月比▲6.3%と2ヶ月連続の減少となった。内訳を見ると、増加している業種も多くみられることから、ヘッドラインの数字ほど機械受注の落ち込みは大きくないものとみられる。基調としての落ち込みというよりも、一時的な振れと判断してよいだろう。


◆足下では為替レートが円安傾向となっており、製造業を中心に企業業績も好調である。国内の鉱工業生産も2012年11月以降上昇に転じていることなどから、設備投資は増加に向かう公算が大きい。大和総研では1-3月期の機械受注は前期比減少を見込んでいるため、設備投資は一時的に弱含む可能性があるものの、2013年半ば以降緩やかに増加に向かうだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加