1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 1-3月期法人企業統計とGDP2次速報予想

1-3月期法人企業統計とGDP2次速報予想

企業業績は改善傾向/GDP2次速報は上方修正と予想

2012年06月01日

金融調査部 主任研究員 長内 智

サマリー

◆【業績概要】製造業の業績悪化に歯止め:2012年1-3月期の法人企業統計は、(1)エコカー補助金復活の効果、(2)タイの大洪水に伴う復興需要、(3)円高修正、(4)国際的な金融不安の改善、を背景に、企業収益環境が着実に改善していることを確認できる内容であった。特に、10-12月期に業績が悪化した製造業に持ち直しの動きが見られたことはポジティブに捉えられる。ただし、業種別にみると日本企業の業績回復はまだら模様であると言えよう。

◆【業績見通し】4-6月期は底堅く推移:企業の2012年4-6月期の業績は、(1)東日本大震災に伴う復興需要、(2)緩やかな改善傾向にある個人消費、を支えにして、総じてみれば底堅く推移すると考えている。特に、「輸送用機械」は、エコカー補助金に伴う国内新車販売台数の増加、堅調な北米向け輸出という追い風が続く見通しである。しかし、欧州財政問題の再燃に起因する海外経済の減速懸念が強まっており、外需の影響を受けやすい輸出関連製造業の業績については先行き不透明感が増している。

◆【設備投資動向と見通し】非製造業に反動減:2012年1-3月期の全産業の設備投資(ソフトウェア除く)は前期比▲1.7%と2四半期振りのマイナスとなった。ただし、これは2011年10-12月期の非製造業の設備投資が統計的な振れによって急増した反動が出ただけであるため、全体的にみれば設備投資は緩やかな回復が続いたと判断できる。

◆【GDP予測】1-3月期GDP統計は上方修正と予想:今回の法人企業統計の結果を受けて、2012年1-3月期GDP統計は1次速報から上方修正される見通しである。実質GDP成長率は前期比+1.2%(1次速報は同+1.0%)、年率+4.7%(1次速報は同+4.1%)になると予想する。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加