1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 1月貿易統計~旧正月の影響もあり大幅な貿易赤字

1月貿易統計~旧正月の影響もあり大幅な貿易赤字

1月の国際収支統計は経常赤字となる可能性

2012年02月20日

金融調査部 主任研究員 長内 智

サマリー

【概況】輸出が4ヶ月連続のマイナス:2012年1月の貿易統計は、輸出が大きく落ち込み、貿易収支が過去最大の赤字額になるなど、先行き不透明感が払拭されない内容であった。輸出金額は前年比▲9.3%と市場コンセンサスを僅かに上回ったものの、4ヶ月連続のマイナスとなり、減少幅も拡大した。ただし、前月のレポートで指摘したように、アジア地域の旧正月の影響が輸出に対してマイナスに作用した可能性が高いため、今回の輸出の落ち込みは幾分割り引いて評価する必要があると考えている。貿易収支は▲1兆4,750億円と4ヶ月連続の赤字となり、2009年1月の▲9,679億円を上回って、過去最大の赤字額を記録した。

【地域・品目別動向(名目)】春節の影響でアジア向けが急減:主要品目別の輸出金額をみると、「電気機器」、「一般機械」、「化学製品」の減少が目立った。輸入については、代替燃料の需要増加と価格高止まりを背景に、「液化天然ガス」の輸入金額が前年比+74.3%、輸入数量が同+28.2%と揃って大幅に増加した。主要国・地域別の輸出金額は、米国向けが前年比+0.6%(12月、同+3.9%)、EU向けが同▲7.7%(12月、同▲12.7%)、アジア向けが同▲13.7%(12月、同▲11.7%)となった。

【今後の見通し】輸出は横ばい圏が続く:輸出は、海外経済の減速が重石となり、横ばい圏で推移すると考える。EU向け輸出は、欧州の財政・金融問題の影響が実体経済に顕在化しているため、弱めの動きが続く公算である。世界景気と為替に基づく当社の輸出数量指数の推計値に下げ止まりの兆しが出始めている。そのため、欧州問題が一段と深刻化しなければ、底堅く推移している米国経済や、金融緩和姿勢を強めている新興国経済が支えとなり、日本の輸出も徐々に持ち直していくと考えられる。円ドルレートについて単純な回帰式を用いて推計すると、経常収支の影響は為替レートに対してすぐに顕在化するのではなく、ラグを伴って作用する結果が得られた点には留意したい。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加