1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 欧州
  5. ユーロ圏、2021年4-6月期は年率+8.3%

ユーロ圏、2021年4-6月期は年率+8.3%

3四半期ぶりのプラス成長に転じたものの、経済正常化は道半ば

2021年08月02日

ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 近藤 智也

サマリー

◆ユーロ圏の2021年4-6月期の実質GDP成長率(速報値)は前期比+2.0%(年率換算+8.3%)となり、3四半期ぶりのプラス成長に転じた。事前の予想よりも強い数字であり、過去2四半期の落ち込みを補うのに十分なプラス成長である。

◆新型コロナウイルス(以下、コロナ)の新規感染者の減少やワクチン接種の進展を受けて、4月末頃より欧州各国が行動制限措置の緩和そして解除に動き、6月末には多くの国が制限を残しながらも経済活動の正常化を進めた。この結果、人々が外出・消費行動を積極化させ、個人消費主導の景気回復となっている。

◆4-6月期の1四半期に限ると、ユーロ圏は米国や中国を上回る高成長を記録した。もっとも、米国が4四半期連続のプラス成長でコロナ禍前の水準を上回ったのに対して、ユーロ圏はコロナ禍前の水準を3.0%下回ったままであり、依然として経済正常化の道は半ばといえよう。ユーロ圏の約3割を占めるドイツの回復が鈍い点も気がかりだ。今後の焦点は、いつコロナ禍前の水準を回復するかというタイミングになるが、供給サイドのボトルネックやコロナ感染の推移等の要因が左右しよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加