1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 欧州
  5. 欧州経済見通し if not now, whenの心意気

欧州経済見通し if not now, whenの心意気

経済の正常化とコロナ感染者の増加にどう折り合いをつけるか

2021年07月20日

経済調査部 シニアエコノミスト 近藤 智也

サマリー

◆6月を通じて、新型コロナウイルスの新規感染者が順調に減少し、欧州各国はそれぞれのペースで行動制限措置の緩和・解除を進めてきた。その結果として、制限つきながら、大規模なイベントUEFA EURO 2020の試合が欧州各地で行われた。だが、6月末頃から感染者が増加に転じ、感染拡大ペースが速い国では再び制限強化を実施し始めている。

◆経済の正常化が進み、成長が加速していくというシナリオの確度が高まっていくと、ユーロ圏各国の置かれている経済環境の違いが鮮明になっていこう。短期的には、物価上昇圧力が高まることから、ECBの金融政策の舵取りが注目される。

◆変異株(デルタ株)の感染者が急増しているにもかかわらず、感染者の推移と入院患者・死亡者の推移の連動性は薄れたとして、政府による制限を解除して個人の責任に大きく舵を切ったのが英国(イングランド)である。とはいえ、完全にリンクが切れたわけではないため、このまま感染者が“爆増”していけば、入院患者の増加は避けられず、徐々に医療体制を圧迫していくだろう。

◆“今やらずしていつ(制限解除を)やるか(if not now, when?)”というジョンソン首相の掛け声のもと、ワクチン先行国ゆえに可能になった壮大な実験(ギャンブル)に挑戦する。願わくは、EURO 2020のイングランド優勝のオッズよりも低くなりますように。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加