1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 欧州
  5. 欧州経済見通し いつまで低迷が続くか

欧州経済見通し いつまで低迷が続くか

マイナス成長後の成長経路を左右する、ワクチン接種の進展

2021年02月19日

ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 近藤 智也

サマリー

◆2020年10-12月期のユーロ圏経済は市場予想ほど悪化せず、英国経済はプラス成長を維持した。ユーロ圏・英国ともに2020年全体では、各国政府や国際機関の見通しよりもマイルドな減少にとどまった。だが、2021年は出だしから躓いており、いずれも2021年1-3月期はマイナス成長になる公算が大きい。

◆引き続き、欧州の多くの国で厳しい行動制限措置が実施されているが、新規感染者・死亡者数の増加ペースは鈍化傾向にあり、ロックダウンの効果が徐々に表れてきている。国によってスピードに濃淡はあるものの、ワクチン接種が着実に進展していることは、遠くを照らす希望の灯りとなりつつある。もっとも、供給制約の問題から、EUのワクチン接種計画に遅れが生じている。ロックダウンを繰り返したくない各国の慎重な対応と相まって、本格的な規制緩和はずれ込むだろう。欧州委員会の見通しでも、緩和の開始は4-6月期の想定だ。

◆英国は、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種競争において、EU諸国よりも大きく先行している。感染抑制の進展により、2ヵ月近くに及ぶ3度目のロックダウンも、段階的な緩和の話ができるようになっている。イングランド銀行(中央銀行)は、4-6月期以降の急回復を見込み、年末頃にはコロナ危機前の水準を回復すると予想する。果たして、そう問屋が卸してくれるだろうか。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加