1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 欧州
  5. ユーロ圏危機はいつ、どのように再燃するのか

ユーロ圏危機はいつ、どのように再燃するのか

ドイツ総選挙が「蓋」を外す?

2013年04月30日

経済調査部 経済調査部長 児玉 卓

サマリー

◆2か月に及んだイタリアの政治空白、キプロスの預金課税騒動などにもかかわらず、欧州金融市場の安定は維持されている。しかし、このことはユーロ圏危機が収束に向かっていることを意味するわけではない。危機は蓋をされているだけである。


◆蓋の一つが世界的な金融緩和、第二が米国を核とした景気回復であり、もう一つの大きな蓋が9月に予定されるドイツの総選挙である。金融市場が、選挙終了まで危機対策は進捗しないと見切っているために、期待外れが市場を不安定化させるということが起こらない。この蓋は選挙終了とともに外れる。その後に市場の安定が維持されるかを決めるのは、当然ながらユーロ圏政治である。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加