1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国マンスリー(2014年1月)2014年の新興国:問題はテーパリングではない

新興国マンスリー(2014年1月)2014年の新興国:問題はテーパリングではない

~先進国の後追い的景気回復へ~

2014年01月09日

経済調査部 経済調査部長 児玉 卓

経済調査部 主席研究員 山崎 加津子

新田 尭之

サマリー

◆近年の新興国経済の停滞の主たる背景となってきたのは、第一に中国の成長鈍化、第二には、新興国の先進国頼み的な経済体質の継続にあった。改めて確認すべきは新興国の成長鈍化は2011年から継続してきたのであり、「テーパリング」騒ぎはせいぜい追加的な悪材料でしかなかったことだ。米国の金融政策転換の負の側面はいささか喧伝されすぎた。


◆中国の成長鈍化は趨勢的なものである可能性が高いが、短期・循環的にも新興国経済の牽引役たる役割を担うとは期待しがたい。今は、米国の金融政策の転換を条件付ける同国経済改善の波及効果に目を向けるときである。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加