1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 中国
  5. 中国社会科学院
  6. 2013年12月 「TPPとTTIPの新たな進展(年末総点検)」

2013年12月 「TPPとTTIPの新たな進展(年末総点検)」

2014年03月13日

李春頂

世界金融危機後に、新たな地域経済一体化の波が湧き起こった。自由貿易協定(FTA)の拡大は、2013年の世界経済における注目点として重要なものであり、またTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)とTTIP(環大西洋貿易投資パートナーシップ)は真っ先に挙げられるキーワードであった。


世界経済が有する成長力が乏しくなる中、WTOドーハ・ラウンドの交渉が足踏みしていることもあり、世界中で地域経済の一体化が進められている。中でも、米国主導のTPP、米国とEU加盟国によるTTIPは最も注目され、かつ世界経済と中国経済に対する潜在的な影響力が最大とされる構想である。


※掲載レポートは中国語原本レポートにおけるサマリー部分の和訳です。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加