1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 中国
  5. 中国社会科学院
  6. 2013年7月 「都市化の推進を促す金融サポート体制の改革と整備」

2013年7月 「都市化の推進を促す金融サポート体制の改革と整備」

2013年10月04日

黄国平

インフラの整備、公共財(公共サービス)の供給、農村部から都市部への労働力の移転などを含めた都市化の過程では、資金面から多くのサポートが必要とされる。そのため、金融業は資金供給機能を充分に発揮して、都市化の重要な推進力となるべきである。都市と農村の経済格差により、大都市や中都市へは多くの資金が流れ込むものの、農村や小都市では金融業によるサポートが不足しがちとなり、それが原因で、都市化の進展、農業の現代化、農村の余剰労働力の移転などが厳しい制約を受ける。そのため、農村で金融サービス体制を構築、整備することが、中国の都市化の推進にとって当面の急務となっている。したがって、金融業には工業化と農業の現代化により産業構造のレベルアップを推進する一方で、都市インフラの整備を促し、公共サービスの質を高め、住民の生活水準の向上に寄与していくという役割を果たすことが求められる。


※掲載レポートは中国語原本レポートにおけるサマリー部分の和訳です。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加