1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 中国
  5. 中国:IT産業への対中直接投資が急増

中国:IT産業への対中直接投資が急増

中国国際収支統計2017年10-12月期

2018年04月06日

経済調査部 研究員 中田 理惠

サマリー

◆2017年10-12月期の中国国際収支統計によると、金融収支(外貨準備を除く)は4四半期連続の流入超となった。

◆対中直接投資は4年連続で減少しているものの、ソフトウェア等のIT産業への投資が急増しており、産業の高度化への貢献が期待できる。

◆当局は引き続き中国から海外への直接投資等の資本流出に対して監督強化を行う一方で、外資への対外開放を進めている。今後も、金融や科学技術の分野を中心として外資誘致のための規制緩和が進む見込みである。ただし、技術移転への懸念から必ずしも当局の思惑通りに進むとは限らないであろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート