1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. 新型コロナウイルスが引出す米国金融のリスク

新型コロナウイルスが引出す米国金融のリスク

FRBの資金供給拡大の次は信用緩和の必要性

金融調査部 研究員 中村 文香

政策調査部 主席研究員 土屋 貴裕

サマリー

◆新型コロナウイルス感染拡大に伴う世界経済の減速懸念を背景に、株式市場が動揺した。米国の企業債務が積み上がる中、レバレッジドローンの価格インデックスが急落するなど、米国企業の信用リスクの高まりが意識されている。新型コロナウイルス感染拡大等による事業環境悪化によって企業の返済が滞る恐れもある。

◆金融機関の流動性需要はFRBによる流動性の供給拡大により一服するとみられる。もっとも、FRBの資金供給増は非金融部門の資金繰りの改善には直結しない。リーマン・ショック前後と同様に、資産買入れの対象を広げるなどの措置を行い、非金融部門の信用リスクへの対応が必要になってくる可能性もある。

◆また金融機関にとって、与信先企業の破綻リスクが高まって、損失を計上する可能性が高まることは、自らの自己資本の毀損リスクが高まることを意味する。支払い能力の低下が見込まれる金融機関は資金調達が難しくなる恐れがある。FRBのオペレーション等の対象ではない金融機関が資金を調達できなくなれば、保有資産を投げ売りし、問題がグローバルに広がる懸念が高まるだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート