1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. 先進国、新興国向けともに国際与信は増加

先進国、新興国向けともに国際与信は増加

BIS報告銀行による国際与信残高統計

政策調査部 主任研究員 神尾 篤史

サマリー

◆2014年6月末の国際与信残高は26兆3,991億ドルと前期差+2,471億ドル(前期比+0.9%)で2四半期連続の増加となった。


◆与信側(銀行側)から見ると、前期と比べて欧州の銀行、邦銀は与信残高を増加させた。欧州の銀行、米銀の現時点の貸出基準は、歴史的に見て緩和された状態にある。


◆与信受入側では先進国、新興国向けともに与信残高は増加した。アジア、GIIPS向け与信は増加したが、ウクライナ、ロシア向けは減少した。ロシア向けは前期に比べ、減少幅は縮小したものの、欧米からの経済制裁が解除されていないことを考慮すれば、先行きも与信は減少すると思われる。


◆留意が必要なのは与信のうち、短期与信の割合が高まること、外貨建ての通貨の割合が高まることである。この点について、新興国向け与信をみると、アジア向けの短期与信割合、外貨建て割合が水準としては高くなっている。特に、外貨建て割合は上昇基調にあり、注視が必要だろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート