1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. 2011年度の企業資金調達動向

2011年度の企業資金調達動向

M&Aに積極的な業種など一部に活発な動き、人民元建社債の利用が拡大

金融調査部 主任研究員 太田 珠美

サマリー

◆2011年度の企業の資金調達は全体的に低調であった。投資機会が限定的である一方、手元資金は潤沢にあり、資金需要がみられたのはM&Aが活発な業種など、一部にとどまった。

◆銀行からの借入は減少した一方、社債は全体の発行額が償還額を上回った。負債の長期化を図るため、借入を社債に切り替える動きも一部にみられた。また、海外における資金調達に関しては人民元建の社債発行が増えた。日本企業の中国進出の増加とともに人民元に対する需要も増えており、人民元建社債による資金調達は今後も続くであろう。

◆株式相場の低迷から、増資による資金調達も低調であった。サブ・プライムローン問題に端を発する金融危機以降、IPO(新規株式公開)により資金調達をする企業は減少したが、2008年度~2009年度を底に回復傾向がみられる(件数ベース)。

◆企業の資金需要は低迷しているが、法人向け貸出金残高の下げ止まりや社債現存額が増えている状況を鑑みれば、資金を出し手に戻す動きは2009年度・2010年度と比べ、鈍化しているといえよう。対外直接投資や非製造業の設備投資などが増加することにより、企業の資金需要が順調に回復すれば、資金調達もそれに伴い増加しよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート