1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. オランダ銀行が実施したストレステストの概要

オランダ銀行が実施したストレステストの概要

中央銀行としては世界初の気候関連ストレステストを実施

2020年07月27日

金融調査部 研究員 柿沼 英理子

サマリー

◆気候変動に関連する物理的リスクや移行リスクは様々な経路を通じて金融システムに影響を及ぼすと考えられている。2020年1月にBIS(国際決済銀行)が公表したレポート「グリーンスワン」は、こうした気候関連リスクはブラックスワン(事前に発生の予測が困難であるが、発生時の影響が極端に大きい事象)的な金融危機を引き起こす可能性があると警鐘を鳴らした。

◆こうした中、欧州を中心に、中央銀行や金融監督当局(以下、金融当局)はストレステストに気候関連リスクシナリオを取り入れ始めている。そこで、「金融当局による気候関連ストレステスト」レポートシリーズにおいて、各国の金融当局による気候関連ストレステストの結果や実施に向けた取り組みについて紹介する。

◆シリーズ第1弾では、2018年10月に公表されたオランダ銀行の気候関連ストレステストの結果を紹介する。オランダ銀行は国内の銀行、保険会社、年金基金を対象にトップダウン・アプローチに基づくマクロ・ストレステストを実施した。テストの結果を受けて、オランダ銀行は気候関連リスクが金融機関にもたらす財務上の損失は小さくないものの、金融監督上の比率に対する影響はマネジメント可能であると結論づけた。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート