1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. 欧州の富裕層向け金融ビジネスに見るリテール金融の大きなうねり

欧州の富裕層向け金融ビジネスに見るリテール金融の大きなうねり

~成長か規制か、なぜFinTechが重視されるのか?欧州に見るリテール金融の変革の芽と日本へのインプリケーション~ 『大和総研調査季報』 2016年新春号(Vol.21)掲載

2016年03月01日

金融調査部 主席研究員 内野 逸勢

サマリー

欧州二大国際金融センターであるイギリス・スイス間の競争が激化している。両国政府は、自国のウェルスマネジメント(WM)/プライベートバンキング(PB)(=富裕層向けビジネス)を中心とした国際金融セクターとしての競争力を高めることと同時に、グローバルな各種規制(資本規制、顧客保護規制、金融商品の組成・管理に対する規制、税の透明性に対する規制への対応が求められている。


アジアを中心とする新興国の資産形成が進展する中、グローバルでは富裕層向けを中心とする資産運用ビジネスは成長が見込まれているが、グローバルな規制が強化されていることから、同ビジネスのバリューチェーン上において付加価値の源泉となる部分は限られてきている。


消費者保護を中心とする金融ビジネスに対する規制の強化か、あるいは金融ビジネス自体の成長を促す“行き過ぎた”規制の緩和か、両国政府の成長と規制のバランスのとり方が非常に難しい状況にある。


本稿では上記を踏まえ、今後のグローバル富裕層向け金融ビジネスの方向性および日本の同ビジネスの方向性を示唆する。


大和総研調査季報 2020年10月秋季号Vol.40

大和総研 調査本部が、その長年にわたる知識と経験の蓄積を結集し、経済、金融資本市場及びそれらを取り巻く制度を含め、的確な現状分析に基づき、将来展望を踏まえた政策提言を積極的に発信していくとのコンセプトのもと、2011年1月に創刊いたしました。

大和総研調査季報(最新号はこちら)

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート