1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資
  5. 「ロボット新戦略」にみるプライバシーとセキュリティ

「ロボット新戦略」にみるプライバシーとセキュリティ

2015年01月29日

サマリー

◆2015年1月23日に公表された「ロボット新戦略」では、三つの柱「世界のロボットイノベーション拠点」、「世界一のロボット利活用社会」、「世界をリードするロボット新時代への戦略」と、五カ年のアクションプランなどが提示された。新市場として期待の大きいサービス分野、介護・医療分野でのロボット活用は、多様な環境(工場のようなロボットに最適化された環境ではない家庭・店舗・病院など)で多様な対象(ロボットに不慣れな老若男女)を相手とするなど、産業分野とは異なる課題がある。また、場合によっては機微な個人情報を扱うこと、ネットワーク化されたモノへのハッキングリスクのようなIoT(Internet of Things)の負の側面が拡大する恐れがあることなど、プライバシーとセキュリティに関する課題も少なくない。ロボット新戦略ではセキュリティや安全に関するルールづくりや標準化も不可欠とされているが、ガイドライン提示など、もう一歩踏み込んだ取り組みが望まれる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート