1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 資産運用・投資主体
  5. 社外取締役増員を求めるガバナンス・コード改訂

社外取締役増員を求めるガバナンス・コード改訂

株主総会のバーチャル化、英文開示の充実なども検討事項として指摘

政策調査部 主席研究員 鈴木 裕

政策調査部 主任研究員 神尾 篤史

サマリー

◆金融庁の「スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議」で、2021年に予定されるコーポレートガバナンス・コード改訂のための意見書が公表された。独立社外取締役の人数・比率を引き上げることと、取締役会をはじめとする企業の人員構成の多様化が検討される見通しだ。

◆合わせて、2021年中に予定される東京証券取引所の再編後の最上位市場であるプライム市場(仮称)の上場企業に求められる、より高いガバナンス水準についても議論が行われている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート