1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. ビジョン/中期経営計画
  5. 2025年にかけての家計消費について

2025年にかけての家計消費について

2025年の消費主体は誰か?

経営コンサルティング第一部 主任コンサルタント 岩田 豊一郎

サマリー

◆消費構造は世帯主年齢により変化するが、消費支出が最大になるのは50歳代の世帯である。


◆家族形態においては、2025年にかけて単独世帯の増加が予想される。


◆家族形態により消費構造や消費支出の水準が異なる。


◆消費支出は緩やかに増加し、2020年頃にピークを迎えると予想される。


◆2025年にかけて、団塊ジュニア世代が50歳代になるとともに、消費の主体は60歳代から50歳代の世帯に移ると予想される。


◆社会の構造変化が進む中、団塊ジュニア世代は、消費規模拡大の担い手だけに留まらず、新たな商品・サービス創造の観点から顧客として重要視される可能性が高い。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート

関連のサービス