1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. アジアレポート
  4. アジアンインサイト
  5. 外国人労働者と日本のキャッシュレス化

外国人労働者と日本のキャッシュレス化

給与のデジタルマネー支給解禁はキャッシュレス化を促進するか

2018年12月28日

経済調査部 研究員 古橋 櫻子

サマリー

人口減少に伴う人手不足の解消策として、外国人の労働参加を促す動きがある。外国人労働者の多くは若年層に属し、キャッシュレス化を促進する主体となる可能性がある。政府は来年度からデジタルマネーによる給与支給を解禁する方針を決定したが、外国人労働者への普及を契機に、日本全体のキャッシュレス化にも弾みがつくのか、大いに注目すべきだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加