1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 税制
  5. 日本版ISA、非課税投資額は最大500万円に

日本版ISA、非課税投資額は最大500万円に

恒久化は見送り

2013年02月12日

ニューヨークリサーチセンター 主任研究員(NY駐在) 鳥毛 拓馬

サマリー

◆2013年1月24日、自由民主党、公明党は、「平成25年度税制改正大綱」(以下、大綱)を公表した。大綱には、個人所得課税のうち金融・証券税制に関して、日本版ISAの拡充策が盛り込まれた。


◆日本版ISAは、上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等に対する税率が10%から20%に引き上げられる2014年1月から導入されることになっている措置である。


◆現行税法では、日本版ISAにおける新規の投資可能期間は、2014年から3年間となっている。金融庁は、2013年度税制改正要望において、この投資可能期間を恒久化することを要望していたが、大綱では見送られ、新規の投資可能期間は、2014年から10年間に延長することとされた。


◆その一方で、新規投資後に、運用商品の譲渡益、配当・分配金が非課税となる期間は、現行税法の10年間から5年間に短縮された。このため、最大の非課税投資金額は現行の300万円から500万円に拡大することとされている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート