1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 税制
  5. 2011年度税制改正大綱(個人所得課税)

2011年度税制改正大綱(個人所得課税)

給与所得控除の上限設定、年少扶養控除の範囲縮小などを解説

2011年01月06日

金融調査部 主任研究員 是枝 俊悟

サマリー

◆2010年12月16日、政府は2011年度税制改正大綱(以下、大綱)を閣議決定した。本レポートでは、大綱の個人所得課税(金融証券税制を除く)について解説する。

◆大綱では、給与所得控除について、上限を245万円(年収1,500万円で上限に達する)とし、年収2,000万円超の役員等についてはさらに縮減するものとした。

◆特定支出控除について、対象範囲を拡充するとした。もっとも、改正案の下でも特定支出控除を利用する者は年数万人程度(給与所得者全体の1%未満)に留まるものと予想される。

◆成年扶養控除のうち23歳以上65歳未満の部分について、学生・障害者等を除き、納税者本人の合計所得金額が400万円(給与収入568万円)超の場合、原則適用しないものとした。

◆退職所得について住民税の10%税額控除の規定を廃止し、勤務5年以下の役員等に対しては課税標準を1/2とする規定を適用しないものとした。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加