1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. 書面交付の原則デジタル化に向けて

書面交付の原則デジタル化に向けて

顧客属性に沿った交付のあり方が今後の主な論点に

金融調査部 研究員 矢田 歌菜絵

サマリー

◆2022年6月22日、金融審議会市場制度ワーキング・グループ中間整理が公表された。金融商品取引に関する情報提供について、デジタルによる提供を原則とする枠組みへの移行が検討されている中、顧客の保護を図りつつ書面交付の原則デジタル化のあり方について引き続き検討していくとの考え方が示された。

◆現行制度では、顧客に対してデジタルで目論見書等の書面を交付するには、原則として事前に顧客からの意思表示(承諾)が必要である。例外措置として、重要情報シートを提供した場合は、目論見書等の書面をデジタルで交付することができる。

◆書面交付の原則デジタル化に向けて、顧客保護を図った原則デジタル化の具体的な枠組みについて、引き続き市場制度WGで検討される予定である。バランスの取れた書面交付のあり方に関する結論が期待される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート