1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 金融規制(バーゼル規制その他)
  5. デリバティブ取引の証拠金規制、一年延期へ

デリバティブ取引の証拠金規制、一年延期へ

【COVID-19】負担緩和も、IMビッグバンのクロスボーダー問題は残る

金融調査部 主任研究員 鈴木 利光

サマリー

◆2020年4月3日、BCBSとIOSCOは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大に伴い、実務対応に適切な猶予をもたらすべく、「中央清算されない店頭デリバティブ取引に係る証拠金規制」(証拠金規制)の実施期限を延期する旨、公表した。

◆具体的には、当初証拠金(IM)授受の最終フェーズ、すなわち「IMビッグバン」の実施期限を一年延期し、「2022年9月1日以降」としている。

◆もっとも、実施期限が一年延期されたとはいえ、IMビッグバンのクロスボーダー問題は依然として残る点に留意する必要がある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加