1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 金融規制(バーゼル規制その他)
  5. BISによる中小企業資金支援スキームの提言

BISによる中小企業資金支援スキームの提言

新型コロナウイルスの影響を受け。銀行による配当・自社株買いの停止も提案

金融調査部 主任研究員 金本 悠希

サマリー

◆3月29日、国際決済銀行(BIS)のカルステンス総支配人は、新型コロナウイルスの影響を受け、銀行に中小企業への貸出を促す方策を提言した。

◆カルステンス総支配人は、企業が金融市場から資金を調達することが困難になっているがその穴を銀行が埋めていない、という問題を指摘した上で、貸出額を増やすため、全世界で銀行が配当と自社株買いを停止することを提案している。

◆さらに、中小企業への資金支援のため、銀行が中小企業に貸出を行って政府が保証し、その保証付き債権を証券化して、中央銀行が購入するというスキームも提案している。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加