1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 金融規制(バーゼル規制その他)
  5. バーゼルⅢ最終化、適用を1年延期

バーゼルⅢ最終化、適用を1年延期

新型コロナウイルスの影響受け。必要あれば追加措置も

金融調査部 主任研究員 金本 悠希

サマリー

◆3月27日、バーゼル銀行監督委員会(バーゼル委)の上位機関である中央銀行総裁・銀行監督当局長官グループは、新型コロナウイルスの影響を受け、バーゼルⅢ最終化の適用時期を1年延期し、2023年1月1日からとするというプレスリリースを発表した。

◆さらに、同グループ議長のビルロワ・ド・ガロー・フランス銀行総裁は、「必要であれば追加の措置を行う用意がある」と述べている。

◆バーゼル委は3月20日に発表したプレスリリースにおいて、現行規制の内容を再確認し、ストレス期には資本や流動性のバッファーは取り崩し可能であり、貸出や金融市場への流動性供給に回すべきであると指摘している。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加