1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 金融規制(バーゼル規制その他)
  5. ファンド向けエクイティ出資の資本賦課の改正案①制度概要編

ファンド向けエクイティ出資の資本賦課の改正案①制度概要編

2019年3月31日から適用予定

金融調査部 主任研究員 金本 悠希

サマリー

◆10月12日、金融庁が自己資本比率に関する告示の改正案を公表した。これは、バーゼル銀行監督委員会での合意を踏まえ、ファンド向けエクイティ出資に係る資本賦課の枠組みを見直すものである。

◆改正案では、ファンド向けエクイティ出資の信用リスク・アセットの算出方式として、①ルックスルー方式、②マンデート(運用基準)方式、③蓋然性方式(リスク・ウェイト250%/400%)、④フォールバック方式(リスク・ウェイト1250%)が、この順に適用される。

◆改正案は、国際統一基準行及び国内基準行に対して、2019年3月31日から適用される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加