1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 金融規制(バーゼル規制その他)
  5. 安定調達比率に関する告示案の公表

安定調達比率に関する告示案の公表

国際統一基準行に対して2019年3月31日から適用予定

金融調査部 主任研究員 金本 悠希

サマリー

◆6月29日、金融庁が安定調達比率に関する告示案を公表した。7月30日まで意見が募集されている。

◆安定調達比率とは、「売却が困難な資産(所要安定調達額。オフ・バランスシートを含む)を保有するのであれば、これに対応し、中長期的に安定的に調達(負債・資本)することを求めるもの」であり、2014年10月にバーゼル銀行監督委員会で合意された。

◆国際統一基準行は、2019年3月31日から、安定調達比率を開示し、同比率が100%以上であることが求められる(国内基準行は適用対象外)。100%を下回った場合、当局による監督上の措置として、報告が求められ、必要な場合は業務改善命令が発出される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加