1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 金融規制(バーゼル規制その他)
  5. 「バーゼルⅢ」、ついに最終合意

「バーゼルⅢ」、ついに最終合意

2022年から適用。マーケット・リスク規制も同年まで適用延期に

金融調査部 主任研究員 金本 悠希

サマリー

◆12月7日、中央銀行総裁・銀行監督当局長官グループ会合で、銀行の自己資本比率規制である「バーゼルⅢ」が最終合意に至った。信用リスク・アセットの算出方法である「標準的手法」と「内部格付手法」が大幅に見直され、「資本フロア」(72.5%)が導入された。2022年1月1日から適用される(資本フロアは2027年にかけて段階適用)。


◆想定されていなかった事項として、マーケットリスク規制の見直しの適用時期が2022年に延期された。G-SIBsに対するレバレッジ比率のバッファーが導入され、バッファー(最低水準である3%に上乗せ)を下回った場合、配当等による社外流出が制限される。


◆今回の見直しで、信用リスク・アセットの算出方法の見直し(株式のリスク・ウェイト引き上げなど)によるリスク・アセットの増大が生じる。しかし、各銀行は見直しの案の公表後、内部留保の積み上げ等で準備を進めており、大規模な増資が必要となる可能性は高くないだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加