1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 金融規制(バーゼル規制その他)
  5. CP購入に対するFRBによる支援措置の拡充

CP購入に対するFRBによる支援措置の拡充

MMF等からCP等を購入する特別目的会社にニューヨーク連銀が最高5,400億ドル貸付

金融調査部 主任研究員 金本 悠希

サマリー

◆2008年10月21日、連邦準備制度理事会がMMF等に流動性を供給するための措置を発表した。MMF等からCP等を購入するために民間が設立する特別目的会社に、ニューヨーク連銀が最高5,400億ドル貸し付けるというものである。

◆特別目的会社が購入するCP等は、高格付けの指定金融機関(計50社)が発行するものに限られる。CP等の購入先は、MMF だけでなく、米国に拠点を置く一部の投資ファンドも含まれる。

◆特別目的会社は、FRBが延長しない限り、2009年10月30日までCP等の購入業務を行う。

(注)本レポートは、拙稿「FRBのCP購入支援措置」(2008年10月24日付DIR Legal and Tax Report)を、その後の拡充措置を受けて改訂したものである。

本レポートは、サマリーのみの掲載とさせて頂きます。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加