1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 会社法、民法その他法制度
  5. 株券電子化と単元未満株・端株

株券電子化と単元未満株・端株

株券ペーパーレス化レポートNo.17

金融調査部 主任研究員 横山 淳

サマリー

◆2009年1月に予定される上場会社の株券電子化に向けて、実務レベルでの準備が進められている。

◆単元未満株(1単元=1000株の会社の10株や100株など)は、一般的な単元株と同様に株券電子化の対象となる。

◆他方、端株(1株単位の会社の0.1株、0.3株など)は、会社法により端株制度そのものが原則廃止されたため、株券電子化の対象とはならないこととなった。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加