1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 会社法、民法その他法制度
  5. 取締役の任期短縮の動き4

取締役の任期短縮の動き4

サマリー

◆ 現在、商法上、監査役を置く会社の取締役の任期は2年以内(再任可)とされている。

◆ 上場会社の中には、任意に取締役の任期を短縮(例えば1年に)する動きも増えてきた。

◆ ここでは、その動きを示す資料を提示する。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加