1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 企業会計
  5. FASBののれんの会計処理の検討状況

FASBののれんの会計処理の検討状況

のれんの会計処理に関して関係者から意見募集予定

2018年11月01日

金融調査部 主任研究員 金本 悠希

サマリー

◆10月24日、FASB(米国財務会計基準審議会)が会合を開催し、のれんの会計処理等について議論し、関係者から意見募集することを暫定的に決定した。

◆米国の現行の会計基準では、非上場企業に対してはのれんの償却が認められている一方、上場企業に対してはのれんの償却は認められず、少なくとも年に1回、減損テストを行うこととされている。

◆現時点では、FASBとしてのれんの会計処理を見直すことを決定したわけではない。ただし、同日の会合に提出された検討用資料では、上場企業におけるのれんの会計処理について、のれんを償却する選択肢が示されており、今後の議論が注目される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加