1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 企業会計
  5. 過年度遡及修正、12年3月期より適用へ

過年度遡及修正、12年3月期より適用へ

会計方針の変更及び過去の誤謬の訂正に関する過年度遡及修正、最終公表

2010年01月05日

金融調査部 主任研究員 鈴木 利光

サマリー

◆企業会計基準委員会(ASBJ)は、2009年12月4日付にて、「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」及び「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準の適用指針」を公表した。

◆この会計基準等は、「過年度遡及修正」、すなわち過年度財務諸表を遡及的に修正することの要否をケースごとに規定するものである。

◆基本的な方向性としては、「会計処理の変更」、「表示方法の変更」及び「過去の誤謬の訂正」に関しては遡及処理をし、「会計上の見積もりの変更」については遡及処理しないこととしている。

◆本会計基準等は、2011年(平成23年)4月1日以後開始する事業年度の期首以後に行われる会計上の変更及び過去の誤謬の訂正から適用するとしている

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加