1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 企業会計
  5. 2008年3月期から適用される会計基準等

2008年3月期から適用される会計基準等

2008年3月期から適用される(任意の早期適用を含む)会計基準等の一覧

2008年02月21日

金融調査部 主任研究員 鈴木 利光

サマリー

◆2009年3月期は、「内部統制報告制度」及び「四半期報告制度」が適用される重要な一年であり、企業担当者は準備対応に追われていることと思われる。

◆本稿では、企業会計基準委員会(ASBJ)が公表しており、既に2008年3月期から適用されている会計基準等、2008年3月期から任意に早期適用することができる会計基準等、2009年3月期から適用される会計基準等、及び2009年3月期から任意に早期適用することができる会計基準等のうち主要なものを一覧化し、その概要を説明する。

◆中には、連結の範囲から除外した一定の要件を満たす特別目的会社の開示が要求される等、会計基準のコンバージェンスに関連する項目もあり、投資家としてはそれらの会計基準等の新規適用が企業の財務諸表に与える影響に関心をもっているものと思われる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加