1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. FOMC 現状維持で一旦様子見

FOMC 現状維持で一旦様子見

景気回復の遅れに備え、更なる行動に向けた議論が焦点

2020年04月30日

ニューヨークリサーチセンター 研究員(NY駐在) 矢作 大祐

サマリー

◆2020年4月28・29日に開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)では、政策金利であるFF(フェデラルファンド)レートの誘導目標レンジを、0.00-0.25%に据え置いた。また、3月以降相次いで導入されてきたバランスシート政策に関しても、今回のFOMCでは新たな政策は導入されなかった。3月に矢継ぎ早に実施した政策の効果を見極めるために、一旦様子見ということだろう。

◆声明文を見ると、経済の現状認識・見通しは大きく引き下げられた。とりわけ、中期的な経済見通しの下振れリスクにも言及するなど、米国経済の落ち込みが長引く可能性があるとの認識をFRBが持っていることが示された。こうした経済見通しのもと、フォワードガイダンスとして、政策金利が当面据え置かれることが確認された。バランスシート政策に関しては、米国債等の購入ペースが幾分鈍化したものの、必要な分だけ購入し続けることに変わりはない。

◆金融政策の先行きに関しては、3月15日のFOMCでも議論された新たなフォワードガイダンスが注目される。また、実質ゼロ金利、かつバランスシートの急激な拡大の下で、金融政策の余地を広げる必要があることから、イールドカーブコントロールの導入に向けた議論が進む可能性があるだろう。最後に、超過準備に対する付利金利(IOER)の引き上げを巡って市場参加者とのミスコミュニケーションが起きないよう、FRBの配慮が期待される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加